JVR 日本自動車リサイクル研究所
自動車リサイクルの調査研究を実施・解析を行い、自動車リサイクル業界に研究成果を提供します
:info@jvr.tokyo
トップ > 事業内容

事業内容

目的

当法人は、自動車リサイクルに関する調査・研究及びその成果の提供などを行うことにより、自動車リサイクル産業の資質の向上を図り、広く社会に貢献することを目的とする。

主な内容

(1)自動車リサイクルに係る各種制度の研究及び運営事業

(2)自動車リサイクルに係る規格の研究及び運営事業

(3)各種自動車リサイクル技術の事業研究

(4)外国人技能実習生等の教育及び受け入れ等の研究事業

(5)自動車リサイクルに係る国際協力も含めた海外展開の事業研究

(6)自動車リサイクルに係る研修、講演会、講習会等の企画、運営、管理、受託及び講師の紹介、派遣並びに人材育成、教育事業

(7)出版物及びデジタルコンテンツなどの企画、制作、翻訳、編集および販売事業

事業構想

JVRは日本自動車リサイクル研究所:Japan Vehicle Recycling Reserchの略称です。

組織・運営

研究企画センター事業
事業名 構想 事業案
研修会・セミナー 次世代車等の情報・解体についての知識、技術の提供
  • ハイブリッド・電気自動車解体作業セミナー(プロトリウス)
講演会 自動車リサイクルに係る多方面からの情報提供
  • 学術会員による講演
リサイクル資料提供 大学の先生の論文・文献、企業の研究発表資料、行政の報告書などをwebを用いて提供する
  • JVRライブラリーの構築
事業研究センター事業
事業名 構想 事業案
研究部会活動 会員を対象に希望者で研究会を立上げ活動する
  • 将来の自動車リサイクルシステム研究部会
  • レアメタルリサイクル技術研究部会
  • 省エネルギー解体技術研究部会
METI/MOEの受託研究の実施
  • 樹脂リサイクル研究部会
  • ガラスリサイクル研究部会
  • 他リサイクル産業とのコラボ研究
自動車リサイクル事業の海外進出を目指した調査、研究の実施
  • 海外の自動車リサイクル産業の調査
  • JICAとの連携による海外事業調査
    (スリランカでの調査が進行中)
  • 海外輸出事業(リユース部品など)の研究
マッチング 設備、システムなど単独では出来ない研究を、事業者マッチングを行い実行可能にする
  • 樹脂の破砕テストをしたい会員
    ⇔破砕設備を活用したい会員
  • 新型車の解体実験をしたい会員
    ⇔実験目的に合う設備を保有している会員
  • 電炉投入スクラップ実験をしたい
    ⇔目的に応じたスクラップの入手
研修会・セミナー 次世代車等の情報・解体についての知識、技術の提供
  • 外国人技能実習生の受け入れ教育の研究
  • 教材の製作
制度運用センター事業
事業名 構想 事業案
証明書等発行 リサイクル事業に必要な証明書を発行する
  • ライフスパン証明書の発行
各種認定 優良事業者の認定を行う
  • 優良事業者認定要件の調整・整備の研究
各種規格運用 規格の定常的な運用を行う
  • リユース部品のラベリング規格の運用

JVRセミナー

研修会・セミナー事業として、新規に3件のセミナーを実施することにいたしました。
チラシの内容をご確認いただき、JVRセミナー参加申込書にご記入の上、JVR事務局宛申込み下さい。
尚、当セミナーは、地域団体、グループなどを対象としておりますので、個人での応募は受け付けておりません。
また、セミナーは、JVR会員、非会員を問わず参加可能です。

  • 1. 「迫りつつある業界再編-次世代自動車がリサイクルされる時-」→PDFファイル
  • 2. 「低圧電気取扱特別教育」 →PDFファイル
  • 3. 「巻上げ機(ウインチ運転者)取扱特別教育」 →PDFファイル

研究部会テーマ

研究部会活動として、新規研究テーマを立ち上げました。研究部会メンバーとして参画ご希望の会員はJVR事務局宛メールでご連絡下さい。(info@jvr.tokyo
尚、ご不明の点、ご質問などありましたらJVR事務局宛までお願いいたします。

研究部会テーマ①
テーマ名輸出リサイクル部品の表示研究→PDFファイル
目的輸出リサイクル部品の「共通表示項目を整備」することにより、現在、海外バイヤー主体で取引されている「輸出リサイクル部品売買」に対するイニシアティブを確保する
活動関東(千葉)地域主体

研究部会テーマ②
テーマ名メタル触媒リサイクル研究→PDFファイル
目的使用済自動車から回収したメタル触媒コンバーターからの高効率な貴金属資源リサイクル事業を確立する
活動関東(山梨)地域および中国(山口・広島)地域で展開

研究部会テーマ③
テーマ名ヒューズBoxリサイクル研究→PDFファイル
目的使用済自動車から回収したヒューズBoxからの資源リサイクル技術&ビジネスシステムを確立する
活動関東(山梨)地域および中国(山口・広島)地域で展開

ページのトップへ戻る